知らない久喜の家で出会いがあった

2019.05.27 Monday 13:34
0

    私は目が覚めていて自分の落語ができないのではないかとも思った。


    ある日、
    久喜は知らない家に泊まります。

    悪い空気のある家でした。

    私は寝ました。

    それからドアが開いた。

    久喜は暗い隣の部屋を見ました。

    久喜出会い

    羽毛布団から冷たい風が吹いています。

    疼痛!

    私はその手を渡されました。

    しかし、私は何も見ることができません。

    私は怖がって叫んだ。

    あまり効果はありませんでした。

    久喜から頭上からのもの

    ハーフペーパーはひらひら

    私は踊りに来ました。

    たくさんの漢字

    そうだった

    上部の真ん中に

    1文字だけ明るいです。

    category:久喜 | by:deia76543comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM