久喜の出会いは古くて辛い感じ

2019.01.07 Monday 18:14
0

    京泉いずみ「高野聖(高野ひかり)」

    久喜の出会いはとても有名な古典です。青空コレクションで「しおり」が開催されました。

    スタイルは古くて辛い感じで、表現はとてもエレガントでエレガント。読んだ後に不思議な終わりを残しなさい。それは短い話ですが、それは非常に首尾一貫した仕事です。

    久喜の出会いで出会った僧侶が経験した奇妙な話。それは奇妙な話です。山中のまばらな店でロッジのための宿を求めなさい。その家の所有者は素晴らしい女性、生きている人とは別の子供です。

    久喜出会い

    ホステスが持っている不思議な過去、奇妙な過去が言われます。

    作品全体に漂っている不思議なことがありますが、私はそれを読者の想像力を一掃するために描写することはしません。エレガントな印象。同世代の国枝史郎の作品と比べると物足りない感じがします。

    それは久喜の出会いの殺害時でしたが、どこへ行っても渋滞の道、同じようなコンビニの風景です。祭司たちが迷い込んだ山道は見つかっていません。読んだ後の不思議な印象には孤独も含まれていました。
    私は長い旅行にいました
    このGWへ

    そしてまだ
    スタートで止まる
    風邪をひく
    私は旅館で2日間ベッドにいました

     

     

    category:久喜 | by:deia76543comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM